継続しやすい安さ

どんなものでも「高ければ良い」というわけではないので、買う前にあれこれと考えてしまうわけですが、ことコスメに関してはその傾向が強いわけです。やはり自分との相性もありますし、現実的な問題として月ごとにいくら化粧水に出せるか?も問題になります。高ければ間違いなく良いというのであれば、悩みももう少しシンプルになると思うのですが‥
メディプラスゲルのような保湿系のアイテムはそうしても一定期間使わないと目に見えた成果が出てきません。もちろんその日に使った際の良い感じ、悪い感じくらいはわかりますが、言ってしまえば使用感がわかったくらいです。やはり肌の再生には時間がかかるため、ある程度の時間がかかるのは仕方の無いことです。
時間がかかる→しばらく使う→お金がかかる‥なのでどうせなら化粧水などは安いに越したことはありません。しかし、安いから良く無いでは意味がなく、安くすれば1つの枠というか、制限ができるので開発する側は大変です。そのバランスをまさしく追求したのがメディプラスゲルだと言えるかもしれません!もしも値段に制限を付けていなければ一体どんな価格になっていたのか‥これは何を作るにしてもそうですが、コスメの場合は「しばらくの間買うもの」なので特に重要な要素になります。